HOME > ご案内

ご案内

院長紹介

院長あいさつ
科学的な根拠に裏づけされた安心の医療を提供します

当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。行徳ひふ科クリニック院長の行徳隆裕と申します。

皮膚はさまざまな外界の刺激から身体の内側を守る大切な役割を担っています。皮膚の表面積は、成人では約たたみ一畳分にも及びます。人体最大の臓器といわれるその大きさゆえにトラブルが起きやすく、また体表面にあってトラブルが目立つため、患者さまにとって大きな心理的負担となります。不快な皮膚トラブルを解決し、患者さまをストレスから解放するお手伝いをしたいと考え、私は皮膚専門医を目指しました。

そのため当院では、一般的な皮膚疾患だけでなく、最先端の皮膚再生療法をはじめとした美容関連の診療メニューも充実させ、患者さまの皮膚に関するお悩みを解決する治療を行なっています。

近年では、アトピー性皮膚炎に対する民間療法や、エステサロンにおいても美容施術が盛んに行われていますが、なかにはトラブルを引き起こすケースもあるようです。私は、皮膚科に限らず、医療はEBM(Evidence Based Medicine:科学的な根拠に裏づけされた医療)がとても大切であると考えています。

一般診療はもちろん、当院のレーザー治療やケミカルピーリングなどの自費診療もすべて明らかな科学的根拠に基づくものであり、皮膚科専門医として自信をもっておすすめできるものです。皮膚疾患から美容のことまで、皮膚に関するお悩みはどうぞお気軽にご相談ください。

行徳ひふ科クリニック院長
行徳 隆裕
行徳 隆裕(ぎょうとく たかひろ)
  • 医学博士
  • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
  • 日本抗加齢学会会員
院長経歴
平成5年3月九州大学 医学部卒業
平成5~6年九州大学付属病院 皮膚科 (研修医)
平成6~7年北九州市立医療センター 皮膚科 (研修医)
平成7~11年九州大学大学院医学系研究科内科系 博士課程
平成11~13年アメリカ合衆国メリーランド州立大学医学部ウイルス学 研究員
平成13年九州大学医学部付属病院 皮膚科勤務
平成13~15年新小倉病院 皮膚科勤務
平成15~16年国立病院九州医療センター 皮膚科勤務
平成16年4月行徳ひふ科クリニック開業

クリニック紹介

院名行徳ひふ科クリニック
院長行徳 隆裕(ぎょうとく たかひろ)
所在地〒812-0036 福岡市博多区上呉服町10-10 ビジネスセンター2F
TEL092-262-6801
FAX092-262-6802
院内紹介
院内紹介
院内紹介
院内紹介
院内紹介
院内紹介
院内紹介
診療科目

一般診療/レーザー脱毛/ケミカルピーリング/アレルギー疾患/プラセンタ治療/レーザー治療

診療時間
 
9:30~13:00
15:00~18:30

[日・祝日]休診
※午前と午後の受付終了時間はそれぞれ13:00と18:30ですが、新患の方はカルテ作成時間が必要ですので、受付終了時間の15分前(午前は12:45、午後は18:15)までに御来院下さい。
土曜日と、平日の9:30~10:3012:00~13:0015:00~16:0017:30以降は込み合うことが多い時間帯です。

※当院では原則として診察なしの処方はいたしません。御了承ください。

※夜間・早朝等加算について
平成24年4月より、ほかの医療機関と同様に、平日の午後6時以降と土曜日の午後0時以降に受付をされた保険診療の患者さまにつきまして、夜間・早朝等加算(50点、3割負担の方で150円)を算定いたします。ご了承ください。


お支払いについて
自費診療分はクレジットカードでお支払いいただけます。保険診療分のお支払いは、現金のみとさせていただいております。
また、年間領収書は原則として発行いたしません。毎回の領収書を保存していただきますよう、お願いいたします。


ビジネスセンタービル駐車場の入り方: 大博通りを博多駅方面に走りビジネスセンター前を通過し、すぐの信号(Hotto Motto前)を左折(一方通行)。次の点滅信号も左折(一方通行)すると、ラーメン大博軒の手前からビジネスセンタービル駐車場に入れます。

アクセス

地下鉄「呉服町」駅5番出口直結
「呉服町」バス停すぐ
「蔵本」バス停から徒歩5分

駐車場案内

呉服町ビジネスセンタービルの駐車場をご利用ください。1時間の駐車サービス券を差し上げます。

当院の5つの特徴

  • 1

    医師一人のクリニックのため、一人ひとりの患者さまとしっかりと向き合うことができます。十分にコミュニケーションが取れるので、安心してお任せいただけます。

  • 2

    科学的な根拠に裏づけされた医療を大切にし、自信をもっておすすめできる治療のみを提供いたします。

  • 3

    患者さまご本人にきちんと病態を理解していただき、ご納得いただいた上で治療を続けていきます。

  • 4

    急性の病気はなるべく速やかに治し、慢性の病気はなるべく目立たず日常生活に支障が出ないように維持することを心がけています。

  • 5

    皮膚疾患ならではの心理的ストレスに配慮し、患者さまの気持ちに寄り添った医療を提供いたします。