医院ブログ

2016年2月21日 日曜日

低温火傷に気をつけて!

 こんにちは 博多区呉服町の行徳ひふ科です(^^♪ まだまだ 寒い日が続きますね。

 さて、今回は低温火傷についてお話しさせていただきますね。あまり熱くないものでも、長時間触れると火傷をすることがあり、低温火傷といいます。
 お酒を飲んでストーブのすぐ前で寝込んでしまったり、熱い湯たんぽにじかに触れていたりすると、弱火でじっくり煮られるように、深い部分まで熱が通ってしまいます。
 火傷の治りやすさは深さによって変わりますが、低温火傷では深い傷を負いやすく、壊死組織を取り除くのに時間がかかるだけでなく、傷跡が残りやすくなります。

 皆さん、気を付けてくださいね。引き続き冬の脱毛キャンペーン実施中です!!

 

投稿者 行徳ひふ科クリニック